フランク三浦のメンテナンス – 電池交換(弐号機編)

フランク三浦
スポンサーリンク

この記事では、フランク三浦 弐号機の「電池が切れた場合」の対応について記載いたします。
ご家庭で簡単に電池交換できるので、ご一読ください!

フランク三浦の電池交換に必要なものは?

フランク三浦に付属している電池の寿命は約二年間と言われています。
街の時計店や家電量販店などで電池交換すればいいのですが、1,000~2,000円ほどかかってしまいますので、ここでは自力で電池交換する方法を記載します。

事前に用意するもの

裏ぶた開け工具 / マイナスドライバー(小さいもの)

裏ぶたはテコの原理で簡単に開けられます。下記のような工具か、先端の薄いマイナスドライバーで開けることができます。

 

交換用の電池(SR-625SW)

こちらも併せて事前に調達しておきましょう。

高性能酸化銀電池SR626SW 5P

高性能酸化銀電池SR626SW 5P

電池交換作業の流れ

今回は、電池交換用の工具を使用しました。
なお、マイナスドライバーでも問題なく開けられます。

作業手順

①裏蓋開封

それでは、作業開始です。

f:id:sirotaco:20180605003320j:plain

弐号機の裏蓋 裏蓋の周辺をよく見ると、開腹用の工具を引っかけられるように、溝になっている箇所があります。
ここに電池交換用の工具か、マイナスドライバーの先端を引っかけると「てこの原理」で簡単に開けられます。

②電池交換

f:id:sirotaco:20180605003549j:plain

開腹した状態 開腹するとこんな感じになっています。
白いプラスチックは時計内のズレを防ぐスペーサーのようですが、固定されていないので外してしまいます。

f:id:sirotaco:20180605003709j:plain

完全に開腹した状態 弐号機の電池は「SR-625SW」が使用されています。事前に、電気屋なりAmazonなりで調達しておきましょう。

高性能酸化銀電池SR626SW 5P

高性能酸化銀電池SR626SW 5P

消耗した電池を外し、新品の電池と交換します。

③裏蓋閉じ

裏蓋を元通りに閉めなおします。プラスチックのスペーサーを戻し、パッキンがきっちりハマるよう、確認しながら強めに押し込みましょう。

 

以上、フランク三浦のメンテナンス – 電池交換(弐号機編)について記載しました。

フランク三浦の購入方法

おすすめ販売店は楽天市場のNumber11

フランク三浦をネットで購入する場合、当サイトでは セレクトショップ NUMBER11 をお勧めします。

楽天市場なので楽天ポイントが付与されるのはもちろん、NUMBER11の運営会社はフランク三浦の開発・販売を行うディンクス社なので製品ラインナップも常に最新です。

コメント