SocialSendでZENZOのマスターノードを構築する

仮想通貨
スポンサーリンク

SocialSendにてZENZOマスターノードを構築する手順です。

SocialSendにアカウントを作成する

SocialSendにアクセスし、ユーザー登録します。

パスワードは「数字2桁、記号2文字」を含める必要があります。

登録したEメールアドレスに認証用URLが送付されるので、クリックして完了です。

SocialSendのWalletに手持ちのZenzoを送る

SocialSendのメニューからWalletを選択します。

「Zenzo Coin」のManageボタンをクリック。

表示されたアドレスをコピーして、Zenzoウォレットからアドレスに送金します。

300Zenzo(手順作成時点で約18ドル)を送金。

SocialSendにZenzoマスターノードをインストールする

メニューからMasternodeを選択します。

「Zenzo」のInstallボタンをクリック。

Creditボタンをクリックして、送金したZenzoを支払い用に追加(試しに10ドル分)します。

Proceedをクリック。

再度メニューからMasternode→Zenzo→Installをクリックします。

Step2の画面でMasternodeの種類を選びます。

・サーバータイプはDedicated(専用)

・Duration(期間)はQuarterly(3ヶ月) を選択して「Next Step」をクリック。

次はStep3画面。

「Guide」をクリックすると手順が出てきますが、コマンドが古かったりするので補足します。

◆ PCのZenzoウォレットで操作

 <事前準備>

 ウォレットをUnlockする。

 送金するあて先のラベル名を決める。(なんでもいい。Masternode01~とか)

 <Masternode用の15000 Zenzoを自身に送金する>

 Setting → Debug → Console を開き、以下のコマンドを入力する。

 ① getaccountaddress (ラベル名)

  → ラベル名のアドレスが表示される。選択してコピーする。

 ② sendtoaddress (アドレス) 15000

  → ①でコピーしたアドレスに15000 Zenzoを送金する。

 Homeタブの「Payment To Yourself <ラベル名>」がConfirmになるのを待つ。

 Setting → Debug → Console を開き、以下のコマンドを入力する。

  getmasternodeoutputs

表示された「txhash」「outputidx」をコピーする。

◆ SocialSendで操作

Step3 画面の「TransactionID」「OutputIndex」に「txhash」「outputidx」を貼り付けて

Setupをクリック。

 

Step4 画面でSuccess表示される。Copyボタンをクリック。

Confファイルを修正する

◆ PCのZenzoウォレットで操作

Masternodeタブをクリック。「Open Config File」をクリック。

Masternode.confファイルがメモ帳で開きます。

Step4 画面下のコードをコピーしたものを、Masternode.confファイルの最後の行に貼り付け、保存します。

ウォレットを再起動します。

Masternodeを開始する

◆ PCのZenzoウォレットで操作

ウォレットを起動し、Masternodeをクリックすると作成したMasternodeが表示されています。

ウォレットの同期が完了するまでしばし待ちます。

同期が完了し「Synchronized」になったら、右側の「・・・」からStartをクリックするとMasternodeが起動します。

あとはSocialSendにおまかせ。お疲れ様でした。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました